月別アーカイブ: 2014年4月

バーベキュー大会

ゴールデンウィークが始まりました。
NHK的には「大型連休」
その最初の日曜日、
ハウスメーカーさんが企画した農園リゾートでのBBQ大会に
家族で参加して来ました。
200人くらいの家族連れでいっぱいです。

bbq_3

野菜の収穫、そしてブランド豚肉や野菜のバーベキュー、
子ども向けにはトラクターに乗せてもらったり、
竹馬などして遊びました。
連休にこれといって計画の無い我が家には、
とてもありがたい企画でした。

bbq


チョコッとクリックお願い!!

かすみがうらマラソン2014

昨日は「かすみがうらマラソン」の応援に行ってきました。
義弟が出場するので・・
あいにくの肌寒い曇り空、でも選手にはちょうどいいのかもしれませんが。

kasumigaura_200

叔父さんを待ちながら、みんなを声援する娘。

kasumigaura_200_1

叔父さんをみつけて言葉を交わす娘です。

誰か(何かの活動)を一所懸命応援してみると、
応援することで生まれて来るモノと、
応援されることで生まれるチカラを確かめることができます。

そしてそれは奉仕の心を養うということになります。
重要なのは他人の喜びを自分の喜びに出来るかどうか。
奉仕の心とは”人間愛”"自然愛”なんですね、基本は・・
心からの応援を出来る人は信頼を作る事も出来るのです。


チョコッとクリックお願い!!

授業参観の朝

今日は、土曜日ですが、
小学校の授業参観なので、母子は学校へ。

gotoschool2

給食が出ないので弁当持参。
今朝は娘のリクエストに応えて
私がサンドウィッチを作って持たせました。
思い返せば30年前、そういう仕事をしていたので、
サンドウィッチの時は、必ず私が作るという、
そんな決まりになってしまっています。
でも、本当は、作ってすぐ食べるのがいいんですけどね。
私も昼は残ったサンドをいただいて、一人静かに過ごします。


チョコッとクリックお願い!!

ダメな理由を伝えよ

誰かにダメという否定をするときは、
ダメであることを納得させる必要があります。
特に子どもには。

それに、ダメの中に良い点が多々含まれていますから、
ダメなことを良いことに変換する知恵と努力、
それを大人がうまく使うのが大切です。

子どもはまだまだ理解力も少ないし、
正誤の判断も弱い。
なので、間違った事をすることも仕方がないところ。
であるなら、間違った事、ダメだった事を
理由をわかるように説明して
正しい事を教えるのが、大人の役目なのです。

感情だけで怒っている間は発展は無い。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

世の中には無意味なものは無い、
無駄なモノもない。
それは、世の中にダメなものも無いということ。

一見ダメなことでも、それは、
まだ完成していない、その途中、過程だというだけのことです。

未完であるから、どうやってダメなものを完成させるか、
ダメなものを活かすか?
それを知ること、教える事、
それにかかっています。


チョコッとクリックお願い!!

アイカツ! 2

日経トレンディ「2013年ヒット商品ベスト30」の13位になった
女の子向けのアーケード型カードゲーム
「アイカツ!」
ウチの娘も昨年の春頃からハマっております。
※過去記事「アイカツ」はこちら

KC460070

このところ冬休みとか春休みに
無料でカードを配布するというプロモーションをします。
ゲーム機を置いてあるゲームセンターや、
商品を扱ってるショップのカウンターでもらえます。
それも3週連続で別々のカードを配布。
だから、3週続けてお店に行かなくては揃いません。

これが楽しみで楽しみでしょうがない娘。
なにせ無料ですから。
よく出来たプロモーションです。

私どもは、生活圏にある某ショッピングモールに行くのですが、
そのモール内で3カ所、カードがもらえる場所があり、
そこを渡り歩くのです。
もちろん、その日にもらえるカードは全て同じモノ。

「何枚も同じカードをもらっても意味ないじゃん」と聞くと、
「一枚は自分の分、もう一枚はお父さんの分、
もう一枚は友達にあげる・・」
と娘。

「お父さんはいらないよ、興味無いし」
すると娘は、
「もし自分のカードが無くなったら困るから、
そのためにお父さんに持ってもらっておく」
と・・
つまりバックアップ用だ。

来週の日曜が3回目で、カード3枚が揃い、
コーディネートが完成し1セットになるというわけ。

でも、今一番恐れているのは、
今週末から、
マクドナルドの子ども向け商品「ハッピーセット」が、
アイカツとのコラボになるということ。
何種類ものカードとオモチャが付くのです。
CMもバンバン流れるんだろうな・・(泣)


チョコッとクリックお願い!!

ドーナツを買って来たら・・

サービス業って、提供するモノに自信がもてると、
仕事もやりやすいですよね、
でも本当に評価されるのは、
何か問題が起ったときの対処法の善し悪しだと思います。

先日の話、
母子で某ドーナツ屋さんに行き、たくさんドーナツを買って来た。
翌日、朝食として開けて食べている時、娘が母に、
「あれ?私のドーナツが無い、食べたの?」
「食べてないよ、自分が食べたんでしょ?」
「食べてないもん」
「無いわけないじゃん」
「じゃぁ、おとうさん?」
「いやいや知らないって」と私。

娘のせいになりかけて一悶着の後、
どうやら、買った時からドーナツが2個入っていなかった様子。
レシートにはちゃんとカウントされていた。
どうやら混雑している中で会計寸前に追加注文をした商品らしい。

2ヶで300円ぐらい、
微妙な値段、わざわざ店に行くのもの面倒な距離、
でも、納得いかない母子は、お店に連絡。すると
「家まで持って来てくれるってさ」

店から家まで車で15分ぐらいのところへ届けてくれると・・
当然と言えば当然だが、
私たちがウソをついているかもしれないじゃない、
ドーナツが入ってなかったって証明は出来ないわけだから・・
まぁ、クレームに対して「それ本当ですか?」とは言えないよね。

店長さんがドーナツ2つ持ってお詫びに来た。
それも新メニューのドーナツ3つもくれた。
こちらとしては、とりあえず損失はないわけだからいいのだけど、
店側の問題として考えてみた。

生産したドーナツの数と売り上げを管理出来る仕組みなのだろうか?
間違って提供したということを把握していたのか?
そういう問題が起こってしまった背景と対応策は検討されているのか?
大きなお世話だが、そういうことを考えてしまう私なのでした。


チョコッとクリックお願い!!

言葉遣い

いつの時代も言葉遣いは大切。
それが運気を左右する場合があります。
言葉にすることで「気」を発することになり、
そのパワーが相手に伝わって行くからです。
良い言葉は良い気として伝わり、
悪い言葉は悪い気として伝わります。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

「気」と「言葉」は連動します。
増幅すると言ってもいいかもしれない。

気がのらなくても、言葉で奮い立たせるということが出来ますし、
どんなに良い気を持っていても、選ぶ言葉を間違えれば、
マイナスに作用します。

特に子どもの場合は、親の言葉使い、しゃべり方に
大きく影響を受けます。
乱暴な言葉や、辛辣な言葉、意地悪い言葉を使う人の子は、
それを受け継ぐことが多い。

優しく温かい言葉を使う人の子は、
同じような使い方が出来るようになる。
親の言葉遣いがそのまま子どもの運気に関わるということです。

「運命学コーチング・メルマガ」より

mitsukoshi

サービス業は特に影響が大きいです。
先日のキッザニアにて、三越デパートのスタッフになった娘、
挨拶の指導を受けているところ。


チョコッとクリックお願い!!

新学期のスタート

新学期のスタート、そういう子ども達も多いでしょう。
入学式のお子さんもいるはずです。

sakura4.7 のコピー

ウチの子は2年生へ進級。
クラス替えにドキドキしながら登校して行きました。
ところが、今、気づいたんですけど
上履きシューズを忘れていった。

ウッカリは親譲りか、
私も出かけるときよくモノを忘れたり、
家の中でもどこかへやってしまったり、
いつも妻に注意される。

ということで、学校へ届けて来ました。
車で2分ぐらいだからいいですが、
今日はこの後、仕事で大事な用がある、
もう少し気づくの遅かったら、届けてはあげられなかった、
他の忘れ物なら、自分で何とかしなさいというところですが、
シューズはさすがにね。
たぶん先生に何か借りているだろうとは思いましたが、
初日ですしね。

行ってみたら、新一年生の入学式が始まるところ、
体育館に忍び込んで(笑)渡して来ました。

校庭の桜が満開でした。
新入学生の皆さん、親御さん、おめでとうございます。


チョコッとクリックお願い!!

夜桜

夜桜見に行って来ました。とっても寒かった。
さっきの雨でなのか、だいぶ散っていた。
昔は仲間と夜桜で花見っていうのもよくやりましたが、
最近は全く無いですね。
やっばり私は昼の桜の方が好きかな。

yosakura2


チョコッとクリックお願い!!

国際こどもの本の日

子どもの頃は純粋に才能が発揮されるので、
本をよく読む子は「知力」が多く、
運動が好きな子は「攻撃力」の才能が高かったり、
よく食べよく寝る子は「引力」の才能が強いのが判ります。
自分の才能を見失っていたら子どもの頃を思い返してみましょう。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

【国際こどもの本の日】

1805年4月2日
デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日です。
この日を子どもと子どもの本に関わるすべての人をつなぐ日として
記念日にしたようです。
4月2日を挟んだ2週間が絵本週間にもなっています。

運命学でも、本を読むことは
才能を伸ばすのに役立つことがわかっています。

本と言っても、様々なジャンルのものがあり、
小説、伝記、歴史書、詩集、エッセイ、
哲学書に絵本、経済書に自己啓発本
趣味の本に写真集などなど、
総称として「本」としていますが、
微妙に意味合いが違ってきます。

文字で綴る本と、絵本や写真集では
鍛えられる感性がかなり違います。

具体的に言うと、
小説家の才能と、画家やカメラマンの才能はちょっと違うのです。

ただし子どもに対しては、
将来何になるかは関係なく、様々な本を読ませると良い。

文字から習得するチカラを得ます、
たとえば言葉やストーリー、その構成力、
文章から想像することで、創造力を鍛えられます。

絵や写真からは、色彩や表現といった伝達力を感じ取り、
感受性が磨かれます。

その他にも、過去の慣習や、歴史、人間の生き方を
本は教えてくれます。

子どもにとっては大人になるための必要な情報が、
あらゆる本に含まれているのです。
子ども時代の読書は、必ず大人になってから役立ちます。
年齢に合ったレベルの本が適切に渡されると
更に良いのですが・・


チョコッとクリックお願い!!