月別アーカイブ: 2015年3月

民族教育はこれからの日本に絶対必要

民族教育はこれからの日本に絶対必要で、
これが欠けると国の発展はありません。

ただし民族教育とは、ゆとりをもって生きてゆくことなので、
今の時代、ことば通りの「ゆとり」では
国家教育の落ちこぼれになってしまいます。

心のゆとりを持てる教育と社会が必要なんです。

school_200

国は、以前、「ゆとり教育」というものを推奨しましたが、
本来の「ゆとりの教育」とは民族教育、
つまり、心の教育のはずです。
そうではなかったので、上手くいかなかったのです。

最近になって「道徳」を教科化するという、
ちょっとズレた内容になっている感じですね。

国家教育の中での「ゆとり教育」や「道徳教育」は、
そう簡単には上手くいかないということです。
国家教育を強めると、平均した人間しか作れません。


チョコッとクリックお願い!!

今時の卒業式

今日は地元の小学校の卒業式です。
娘によると今年は48名の卒業生らしい、
4月からの中学生活、頑張っててもらいたいですね。

nobusho
(学校のホームページより引用)

さて、私の時代の卒業式は、
「君が代」に始まり、「校歌」「仰げば尊し」「ほたるのひかり」が定番でしたが、
娘は「ほたるの光」を知りませんでした。
平日の夕方、下校時間にも流れないそうで、
そういうものなのかと・・

いくつかの学校の「君が代」問題は、昔からありますが、
時代によって卒業式の演出も当然ながら変わるわけですね。

お笑いコンビの〈いつもここから〉の
「悲しいとき〜〜」みたいなことを在校生一同でやるようで(笑)、
何と言う名称の掛け合いなのかしりませんが、
その演出が今は主流と言うか定番らしく、
ウチの娘には今回、一人でコールする役が与えられたそうです。
ただ、私にはどうも馴染めない。


チョコッとクリックお願い!!

席替え

3学期も残すところ数日、
「今日から毎日席替えするの」
と娘が言っていた。

ウチの学校は1学年は2組、毎年クラス替えします。
同じメンバーで学ぶことは2度とないからと、
先生からの提案で、毎日席替えをして、
クラスメートと最後の懇親なのだとか。

席替えか・・
40年前の自分たちもありましたが、
さて、とうやって決めた?
くじ引きだった記憶が無い。

img2630001s

席替えと言えば、フィンガー5の『学園天国』!!
やっぱり席替えは、小学生にとってイベントだよね。


チョコッとクリックお願い!!

映画の日

今、娘は映画を観に行っています。
作品は「ベイマックス」
先日アカデミー賞を受賞しました。
だからということではなく、
以前より母親が観たいと言っていて、それに娘が付き添ったカタチです。
毎月1日は映画館も料金が割引されますから、
じゃぁということで、行きました。

そもそも何で毎月1日は割引なのか?
やっぱり「映画の日」にちなんでいるようです。

1896年(明治29年)11月25日から29日にかけて、
神戸市において日本で初めて映画が一般公開されたのを記念して、
1956年に日本映画連合会の総会で
12月1日を映画の日にすることが決定されました。

詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/映画の日

でもって、春休み公開予定のドラえもんが
宣伝に来ていたそうです。

KC460313


チョコッとクリックお願い!!