月別アーカイブ: 2016年2月

本物のプライドを持たせる

子育てで必要なのことの1つは、
自尊心を育てることです。
自尊心は言い換えれば「プライド」です。

子どもにだって幼いプライドはあります。
でも、それは、正しいプライドを教えないと、
大人になってからも幼いプライドのままになります。

本物のプライドを持たせたいなら、
誰に対しても頭を下げられる潔さ・謙虚さが必要です。

greeting

本物のプライドを持った人なら、
人に頭を下げることに何の抵抗も持ちません。

「だって」
「でも」
「誰々が・・」
「私は悪くない・・」

こういう言葉を使っているうちは幼いプライドのままです。
子どもに禁じても、大人が使っていたら意味がないです。

素直に人に頭を下げられない人は、
自分のプライドは「安いプライド」だと思った方がいいです。


チョコッとクリックお願い!!

赤ちゃんのように努力している?

赤ちゃんは、がむしゃらにハイハイして目標物に近づく、
倒れても倒れても立とうとする・・努力というより「本能」です。
人間の努力は本能であり本来は誰でも出来ること。
ただ大人はそれを忘れているだけです。
何事にも努力は必要。

baby201502_2

人の本能は、
「何かを知ろうとする本能」
「何かを伝えようとする本能」
「行動する本能」
「何かを守ろうとする本能」
「人を引きつけようとする本能」

人間の性質・性格は、
この5種類の本能の各々の分量によって
決ってくるのです。

生まれた瞬間から、
いや、胎内にいるときから、
人はこの5大本能を持っていて、
その分量によって性格や個性を形成し、
また親が子どもの本能の分量を見極めて導くことによって
性格や個性が発揮されるわけです。


チョコッとクリックお願い!!

親と子の関係は子々孫々影響する

人は親となり、
また親を越えようとするところに
心の成長があります。
仲が良い親子も、
葛藤を持つ親子でも、
別れてしまった親子でも、
親と子の間に無意味なことは何もない。

P1030185_2

親と子の関係は、
運気的にも宿命的にも、
子々孫々影響をしていきます。

親子の確執が生まれやすい宿命の人もいますし、
親元にいては発展出来ない人もいます、
親の財を食いつぶす宿命や、
家を倒してしまう宿命の人もいるのです。

親子だからといって、
かならず良い関係になるとは限りません。

ただし、子どもに対して親が与える影響や、
親に対する子どもの尊敬の念、
それをシッカリ考えて生きていかないと、
良いものは伝わらず、
悪いものを子孫に継承してしまいます。


チョコッとクリックお願い!!

大人は言葉を選ばなければならない

人の「気」は直接会うことで伝わりますが、
電話やメールでも伝わるのです。
声や言葉、文字からも気は移動します。
どんな言葉を選びどんな口調で話すか、
どんな内容の文を送るか、
それによって相手に影響を与えているのです。

talk2

親が子どもにかける言葉、
子どもの前で他人にかける言葉、
その言葉に込められた「念」みたいなものが
エネルギーとして相手にも周囲にも伝わります。

だから、大人は言葉を選ばなければならないのです。

良い気も悪い気も、アッという間に相手に伝わる、
愛情とか感謝とか、相手を思いやる気も、
憎しみや恨み、嫉妬に敵意、
全て相手に伝わっていきます。

それを心して暮らしてください。
あなたの気持ちが周囲の人を
良くも悪くも動かすのです。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

1911(明治44)年2月18日に、
飛行機によって初めて郵便物が運ばれたのを記念したものが
「エアメールの日」です。
インドで開かれていた博覧会のアトラクションとして、
会場から8キロ離れた場所まで6000通の手紙が
飛行機で運ばれました。
それから100年、
いまは電子メールが世界を駆け巡っていて、
すごい時代です。


チョコッとクリックお願い!!

見えないチカラ

人は目に見えないチカラに左右されているが、
目に見えないチカラにも法則がある。
目に見えないチカラを感じ取ろうという場合、
物事の見方のアングルを変えてみると、
案外見えないものの法則に気づく。
人にはそういう能力がある。

ume04

子どもはその「見えないチカラ」に敏感です。
まだ子どもなので理解は出来ないかもしれませんが、
大人が見えない、あるいは見失っているものを、
子どもは見ているのです。

見えないチカラを味方にできる心を作ってあげられるかが
大人にかかっているのです。

そのためには自然に触れて、体を動かして、
たくさんお話をして、様々な知恵を経験する。
そして大人の愛情、

これが大事。


チョコッとクリックお願い!!

子どものウソ

人の世は100%の善も100%の悪もありません。
何が善で何が悪か、
人や環境や時代によって変化しますし、
年齢によっても感覚は違って来ます。
善も悪も表裏一体なのです。

pinoccio

たとえば、ウソ。
最初から騙そうと思ってつくウソと、
相手を思いやってしかたがなくつくウソでは、
同じウソでも質が違います。

子どものつくウソも、
子ども本人の感覚と、大人の感覚では違います。
イタズラでつくウソもあれば、
洒落のつもりで洒落になっていないウソもある、
知識不足や友達の話を鵜呑みにした結果のウソもあります。
それが子どものウソなのです。

子どもだって、
正直に話したとことでも相手を傷つけたり
ウソをついて自分自身が辛い思いをしたりするものです。

大人がどれだけ許容してあげられるか。
もちろん、騙すためのウソはダメだと
教えなければいけませんが。


チョコッとクリックお願い!!

今日から「春」

ume04

2月4日は立春、
干支歴で今日から「丙申年」に入ります。
正式に、さる年になったわけですね。
そしてこの日から「春」ということになります。
2016年の活動もこの日からスタート。

昔の人は、自然を観察し、
自然に合わせて生活していたのがよく解ります。
「夏至」「冬至」とか「大寒」「大暑」など
様々な節目を設定しています。

現代人は、もう少し
日々を新鮮に受け止めて暮らしてみてはどうだろう?


チョコッとクリックお願い!!

節分は1年の区切り

節分は1年の区切りの日で、
今までの1年間を悔い改めて
新しい年を迎えるための禊ぎ(みそぎ)の日なのです。
過ごした日々を反省して
新たな気持ちで一年に望むことは
「幸福を呼ぶ」ことにもつながります。

mame

節分になると
「鬼は外!」、「福は内!」

でも、福も神様、鬼も神様で、どちらも神様なんです、
それで鬼はあっちに行け、福だけこっちに来いというのは贅沢です、
こういうふうな贅沢な考え方は、人間としてはあまり持つべきではない。

「鬼は縁側までおいで」
「福は寝室までおいで」
と全部入れて排斥しない、
それ位の感覚ですべての人ともお付き合いになった方が良い。

どんな嫌な人とでも「輪/和」をして下さい、
この輪が無かったら人の気を集める事は無理です、
鬼だろうと何だろうと、様々な人と和を保つのです。
(高尾義政宗家の教え)


チョコッとクリックお願い!!