月別アーカイブ: 2016年4月

お泊まり会

週末、4年生の娘が、
友達の家でお泊まり会を開きました。
一人で他人の家で宿泊するのは初めてで、
親も本人も不安いっぱいでした。

この「一人でお泊まり」というのは、運命学的にもとても重要で、
「孤独感」を感じさせることと、
一人で出来る「自信」をつけさせることに意味があります。
この孤独感が人間性をアップさせます。

otomarikai2

年齢にあった内容で、一人旅をさせるのです。
もちろん危険が少なくて済む方法を考えてあげるべきですが、
遠くの親戚の家に一人で遊びに行かせて、
何泊か一人で宿泊させることなどが有効です。
送り迎えはするけど、4〜5日は一人で泊まらせるなど
その方法は年齢に対応したものがよいでしょう。

普段の自分の世界(枠)と違った環境を受け入れることで、
対応力も付きますし、忍耐力も鍛えられますし、
奉仕の精神や、感謝の心も養えます。

ウチの娘は、たった一晩でしたが、
楽しく過ごせたそうです。
お友達の家族のみなさんに感謝です。

次は我が家で・・

free-title2


チョコッとクリックお願い!!

心の強さを作る方法-2-

子どももそれぞれ、心の鍛え方は違っています。
ただ共通して言える事は、
才能を活かす事であるということです。

人には“こころ”が追い求める才能というものがあります。
それを使うことで自分に自信がついたり、
心が安定したりします。

嫌な事を3年続けるのもいいですが、
心が欲して止まないもの、
それをする事で心が満足するというもの、
それを追求させてください。

やりたいことはやらせてあげるのです。

piano2

モノを集めることでもいいし、
何かを調べることでもいい、
スポーツでもいいし、音楽でもいい、
誰かのファンになることでもいい、

その結果、心が強くなっていくのです。
好きなことをやり続けるということは大切なのです。


チョコッとクリックお願い!!

心の強さを作る方法-1-

子どもの心の強さを作る方法は、
家事でも習い事でも勉強でもスポーツでも
コツコツと継続させることです。

嫌々だったとしても、
最初のうちは嫌だなと思うわけですが、
半年くらいすると嫌な事にも奥の深さが見えてくる、
その時に心というのは非常に強くなるのです。
嫌いなことでも3年くらい続けてやることが大切です。

clean2

「嫌々」は身につかないという人もいますが、
そんなことはないです。
確かに技術が身につくには時間がかかるかもしれませんが、
心の強さは付くのです。

ただし、子どもの頃の無理強いは意味がないので、
3ヶ月たっても、本人が嫌なら、別の方法に変えた方がいい。
そういう臨機応変な対応も、子どものうちは必要なのです。


チョコッとクリックお願い!!

恒例、香取神宮のお花見

sakura2

さくらの花もすでに満開で
はなびらがヒラヒラと舞い飛んでいます。

毎年恒例の、香取神宮でのお花見に出かけました。
今日は、友達に草餅をもらったので、それを持って行きました。

shishi2

satsu2

知る人ぞ知る、要石がある場所へ。
ほとんどの人が行かないのですが、
鹿島神宮と香取神宮の2カ所にある要石で、
地中にいる大ナマズを押さえつけているのです。

kaname2

そのナマズが時々暴れて、地震が起きます。
あまり暴れないでね・・


チョコッとクリックお願い!!

言葉にはエネルギーがある

いつの時代も言葉遣いが運気を左右する場合があります。
言葉にはエネルギーがあり、
そのパワーが相手に伝わって行くからです。
良い言葉は良い気として伝わり、
悪い言葉は悪い気として伝わります。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

「気」と「言葉」は連動します。
増幅すると言ってもいいかもしれない。

気がのらなくても、言葉で奮い立たせるということが出来ますし、
どんなに良い気を持っていても、選ぶ言葉を間違えれば、
マイナスに作用します。

毎日の生活はもちろんですが、仕事にも影響します。
接客業では、言葉使いが基本になるのは、
それだけ言葉が重要だからです。
言葉遣いの悪いお店や、言葉に覇気のないお店には
行きたくないと思いますでしょ。

特に子どもの場合は、親の言葉使い、
親のしゃべり方に大きく影響を受けます。
乱暴な言葉や、辛辣な言葉、意地悪い言葉を使う人の子は、
それを受け継ぐことが多い。

優しく温かい言葉を使う人の子は、
同じような使い方が出来るようになる。
親の言葉遣いがそのまま子どもの運気に関わるということです。


チョコッとクリックお願い!!