月別アーカイブ: 2016年7月

子どもの心を磨く夏休みの過ごし方3

子どもの心を磨く夏休みの過ごし方3、
毎日一定の運動量を与えること。
散歩でもスポーツでも何でも良いのです。
毎日の継続が重要です。
気のバランスをよくするためにもスポーツや家事手伝い、
または労働でエネルギーを発散させて下さい。

baseball

学校に通っているときは、
登下校の移動や体育、休み時間などでエネルギーを使っています。
大勢のクラスメイトとの接触でもエネルギーを使います。
でも、夏休みになって、
場合によってはずっと家の中にいる、
勉強だけしているといった環境のお子さんもいます。
そういう子はエネルギーを発散出来ないでいます。

そのためにも、適度な運動は必要なのです。
特に夏休みという非日常だから出来ることがあります。
それを大人が与えてあげるのも、心の成長には大切なのです。


チョコッとクリックお願い!!

子どもの心を磨く夏休みの過ごし方2

子どもの心を磨く夏休みの過ごし方2、
たとえば、
家族や仲間と自然のあるところへ出かけることです。
その時に大切なのは、旅での役割と旅の目的を決めること。
旅先では、なるべくその土地の文化や歴史に触れて、
出会う人との接点を持つことです。

これは、知的才能を活発化するとともに、
社交性や行動力の現実的才能を鍛えることになります。

特に計画を立てたり目的を明確にしたりすることは、
改革力や創造力を磨くと同時に実行力を養えますし、
旅の楽しみ方が増えるのです。

旅は、ひとりひとり、その人自身が主人公なのです。

KC460043


チョコッとクリックお願い!!

子どもの心を磨く夏休みの過ごし方1、

子ども達の夏休みも、5日が経ちました。
こういう長期休暇の過ごし方にも、
ポイントがあります。

長期休みだから出来る心の育て方というものがあるのです。
例えば、
休み期間の約束事を決めさせて実行させ、ルールを守らせること、
役割分担を持たせて家事を手伝わせることです。
最初は褒美や罰則を作ってでも守らせるクセを付けることが大事。

これは、とにかく約束を守らせるのが最大の目的です。
約束を守ることで、心が強くなり、良い意味でのプライドも持てるようになります。

問題は、
家庭内での決め事を親が守ることが重要で、
親が守れなければ子どもも守れない典型的な項目なのです。

promise


チョコッとクリックお願い!!

夏休み気分満喫

昨晩、何か、外が甘い匂いがしたので(どう説明して良いか判らない空気感)
懐中電灯を持って行ってみた・・
たくさんお客さんがいた・・
カブトムシのペアとカミキリ虫のペア、
カナブンにいたっては4匹、
明日も来てほしいから捕獲はしなかった・・

1時間後、様子を見に行ったら、
カブトムシが10匹以上、たむろってた。
ブンブン飛んで来た・・

mushi4_mini

実は、先日捕ったカブトムシの入ったカゴを
木の近くに置いておいたので、
その影響かと・・

何か面白くなってしまった、
夜中の3時ごろまで、行ったり来たりしてしまった。
夏休みの子ども気分(苦笑)

今夜も来るかな。


チョコッとクリックお願い!!

「水」になれ!

あなたは海外へ旅したことはありますか?
自国と他国の文化やルール、価値観の違いを
肌で感じたことが無い人は、
新しいものを創造するチカラは大きくなりません。
視野を広くするのは大切なことなんです。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

海外へ渡ること、冒険をすること、改革・改良をすること、
これら全てに共通しているのは、
「水」になれということです。

グラスの中の水は、他のグラスに注がれた時、
そのグラスの形にピッタリ収まります。

視野を広めるということは、どんな器にも収まるだけの
度量を持ちなさいということなのです。
そうすれば、どんな環境にも
振り回されない自分が出来上がりますし、
状況に合った判断や対応がとれるので、
改良改革が出来るようになります。

子どもの頃から、たくさんの経験をさせるのは、
この器を大きくするため、
どんなグラスにも収まるような水になれるようにするため、
そういう意味もあるのです。


チョコッとクリックお願い!!