月別アーカイブ: 2016年9月

人生には決まったヒナ型は無い

人間には、こうした生き方をした方が良いというヒナ型はありません。
こうした生き方をしてはいけないという枠組もありません。
一人一人まったく違うのです。
人生にはそんな白黒をつけるような発想はもともとないのです。

maroon

それは親子であっても、同じです。
親と子で宿命や特殊性が違うように、
兄弟姉妹も一人一人違います。

親の生き方を子どもに押しつけてはいけないし、
親の考え方・生き方は、親自身の枠であって、
子ども自身の枠とは違うわけです。

また、子どもたちを比べたり優劣をつけてはいけない、
兄弟姉妹であっても、子ども一人一人、枠は違うワケですし、
ましては他人の子どもとは全く違った人間です。
他人の子との比較は、最もしてはいけない行為なのです。

子ども達に自由な人生を送らせてあげるために、
道徳や、社会性や知識は教えてあげなければなりませんが・・

 


チョコッとクリックお願い!!

台風で休校に

小学校からメールが来た、
明日、台風の影響を考慮して、休校にするというもの。
早々と決定されました。

私の時代、台風来るから休校ってあったかな?
行けたら行くっていうスタンスだったような・・
台風はともかく嵐でも雨合羽来て登校した記憶があります。
でも台風は危険だからね、
休校は正解でしょう。

先月みたいな直撃は勘弁してほしい・・

weathermap00


チョコッとクリックお願い!!

ドッチボール大会2016

昨年に続き、我が家の地区の子供会で
ドッチボールの県大会に出場しました。

昨年は6年生が10名以上という有利さで市の大会を制し、
意気込んで臨んだ県大会は4戦全敗という、
そのチカラの差に唖然として帰って来た記憶がありますが、
今年は6年生が3名という状況でも、市の大会を勝ち抜け、
「とにかく1勝!」という目標で臨んだ県大会
予選と決勝トーナメントのトータルで3勝2敗という、
「まさか勝っちゃったよ・・」という結果でベスト16入り。

昨年の惨敗に、親も子も何かを学んでいたのでしょう。
大きな変化や特別な訓練をしたわけではありませんが、
昨年とは一人一人の覚悟が違っていたような気がします。

20160904

私などは役員とはいえ単なる引率者です、
娘達に素敵な思い出をもらいました。
「とにかく1勝!」が「まさかの3勝!」なのですから・・

このことに限らず、娘がいることによって得られる
「喜び」「楽しみ」「学び」が日常にたくさんあるので、
感謝しなければなりません。

今回のことでご褒美に子供会遠足が決まったらしい・・・


チョコッとクリックお願い!!

千里の道も一歩から。

何かを成し遂げるには、
運気よりも努力と継続の方が大切です。
努力と継続に対し、運気が味方することが多い。
それが天才と言われる人でも偉人であっても同じです。
千里の道も一歩から。

oh

【ホームラン記念日】
1977年9月3日、プロ野球巨人軍の王貞治選手が
通算756号ホームランを打ちました。
アメリカ大リーグのハンク・アーロンを抜き世界最高記録を更新。
2日後の9月5日には、初の国民栄誉賞に決定しています。
その世界記録を記念して「ホームラン記念日」はできました。

王選手は引退までに868本のホームランを打ちましたが、
それは1本目となった
1959年4月26日に打ったプロ初ホームランがあればこそです。
そこから22年の努力と継続で得た記録です。

でも、ホントのスタートは、
小中学時代に野球を始めたことに遡るはずです。

私たちも同じです。
どんな人にも、結果を出すためのスタートがあり、
出発点は、夢を描いたとき、
最初のスタートをした日なのです。

それを思い出すことがとても大切。


チョコッとクリックお願い!!

子ども時代は親の運気が影響する

人には「運」というものが確かにあります。
運にも様々な種類があって、恋愛運の強い人、財運の強い人、
名誉運の強い人、健康も運次第です。
でも幸せは「運」では掴めないのが、人間の一番良いところ。
幸せは「運」ではなくて、信念と努力、そして気持ち一つ。

mosquitocoil_2

子どもは成人するまで、親の運気が影響します。
子ども自身の運気ではなかなか動かない・・

健康も言動も親の育て方に影響されるように、
運気も親の生き方に影響されるのです。

運気の悪そうな子どもがいたら、
それは親が原因かもしれない・・


チョコッとクリックお願い!!

防災の日

災害にあったらどうするか?
想定して考える習慣を日常的に持ったり、
家族であれこれ語り合うのも大切なことです。
災害時のシミュレーションも、
常日頃の準備や訓練が大切だということです。
備えあれば憂い無し!

bousai2

今日は「防災の日」
関東大震災の記憶はなくても、
阪神淡路大震災や東日本大震災の記憶は新しい、
この教訓を活かす、プラスにするというのが、
今を生かされている私たちの役割だと思います。

突発の事件や事故や被災、それはホントに突然来ます。
帰りたくても家に帰れない、どこへも行けない。
そんな状況になってみないと、ホントの辛さはわからないですけど、
ただ、運命学的に言えることは、
なんとか早く状況や環境に慣れて、そこで最善の努力をする。
そして、開放の時を待つ。

その時がいつ来るかわからなくても、前向きに待つ。
辛い時間は、人生の途中経過でしかない・・
そう思って、自由になる時を、ひたすら待つ。

今日から始業式の学校も多いです、
子どもと再確認してみましょう。


チョコッとクリックお願い!!