子どもの心を磨く夏休みの過ごし方-3-

とにかく体を動かすことです。
毎日一定の運動量を与えること。
散歩でもスポーツでも何でも良いのです。
毎日の継続が重要です。

 

本当は日常で少しでも多く体を動かす習慣を持つと良いのですが、
気のバランスをよくするためにも、スポーツが一番良いでしょう。
その中でも、相手との駆け引きが必要なスポーツが良いのです。

 

「健全な心は健康な体に宿る」というのは正しくて、
特に未成年時ではエネルギーの発散をさせる必要があります。

 

この時期にエネルギーを使わないで過ごすと
精神的にバランスの崩れた大人になる可能性が高いのです。
スポーツや家事手伝い、または労働でエネルギーを発散させて下さい。

くれぐれも熱中症には注意して。

You may also like...