子どもは態度を使い分けている

子どもは大人の顔色を見る、

というか、相手によって態度を変える、

そこには何かしらの損得勘定があるからです。

 

朝、交通安全の旗を持って集団登校を

見守ってくれる保護者や地域の人には、

元気の無い挨拶や、子どもによっては挨拶もしない。

 

でも、そこに先生がいると、10m先から

「おはようございます!」と大きな声で挨拶する、

人を見て態度を変えている典型です。

 

だから先生は、

「ウチの学校の生徒はちゃんと挨拶が出来るいい子ばかり」

などと錯覚するのです。

 

子どもが挨拶するのは、怒られたくないとか、良く見せたいという

損得勘定があるからです。

まぁ、これは大人も同じです。

上司にはゴマをすり、部下には怒号する、

自分にすり寄る人には笑顔を見せ、

気に入らない人は無視をする。

大人がやっていれば、子どもも真似をするというものです。

 

子どもは、学校と、家の中と、大人がいない場所では、

態度を使い分けているのです。

大人も自分の子どもの頃を思い出せばわかることですが。

そこを考えないで子育て・教育は出来ないということです。

You may also like...