月別アーカイブ: 2018年3月

親と子の相違

親と子は一緒に暮らしていても、本質は違います。
しかしやがて子は親とよく似た大人になって行く。
そこに親と子の因縁ともいうべき
形になって見えない結び付きが存在するのですが、
それを受け入れて暮らすことに大切さがあります。

hands

「鳶が鷹を生む」とか
「カエルの子はカエル」とか、
親子の関係を表すことばは数々ありますが、
運命学的に言うと、
親子関係を形付けるのは、「宿命」と「環境」です。

「鳶が鷹を生む」は、親と子であっても、
宿命の質は違うので、全く違う人格なのですが、
そこには何かしらの共通性はあるのです。

「カエルの子はカエル」は、宿命的な共通性というものは確かにあるのですが、
環境の影響が大きい場合が多いのです。
親の育て方や、親の考え方、親の好みなど、家庭環境が子どもを作るのです。

子どもが親に似てしまうポイントはココなんですね。


チョコッとクリックお願い!!

春分とお彼岸

今日は『二十四節気』の「春分」です。
ご存じのように、太陽の中心が春分点
(天球上の赤道を太陽が南から北へ横切る瞬間の交点)
に達し、地球上の昼と夜の長さがほぼ等しくなる時です。
そしてそれを前後に7日間を「お彼岸」としています。

「お彼岸」は昔の人が春分・秋分に気付いてから、
宗教の世界で用いられるようになりました。

真西に日が沈むこの日、西方に浄土があるという仏教の教えと、
春分・秋分は昼夜が等分で長短のない中道の時で、
仏道もまた中道を尊ぶところから、
この時に仏事を行なうという考え方が生まれたと言われています。

仏教では大きな川をはさんで向こう岸(彼岸)に仏の世界があり、
私たちはこちらの岸(此岸) にいる、
我々の住む世界(此岸)が迷いの世界であるのに対して
「彼岸」は理想の世界、汚れのない浄土の世界なのです。

sakura2015_400

「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、春の彼岸は夏支度を始めるという
昔の人の季節感と生活習慣だったのです。
そして彼岸は、この世に存在する全ての自然の神に感謝するということです。

あまり馴染みは無いかも知れませんが、仏教の「彼岸」に対して、
神道には「社日」というものがあります。
「社日」は春分点・秋分点の日に最も近い戊土の日と定められています。

仏教が悟りを求めて先祖をしのぶのに対し、
神道では、神と一番近づく日であるので、
土地の神や農業の神をまつる日としています。


チョコッとクリックお願い!!

学校生活に爪痕を残す

小学校も今週いっぱい、
22日が卒業式で、23日が修了式

ウチの娘は卒業式での在校生の贈る歌の
ピアノ伴奏をやるようです。

piano2018_3

よく芸人さんがTVで
「爪痕を残していきたい」なんて言いますけど、
娘も「在学の記憶」として臨んでいるらしい。
もちろん卒業生に対しての想いも込めるようですけど・・

自分が小学校の頃、
“何か爪痕を残す”的なこと考えて過ごしていただろうか?
積極的に何かに取り組んだわけでもなく、
クラス委員だって、しかたなくやっていたし・・

娘(今の子達)は、昔の自分より、
「生きる」ってことを、しっかり考えているのではないかと
ふと思うわけです。

 

 

チョコッとクリックお願い!!

ちはやふる

娘が小倉百人一首を買ってほしいと言ってきた
理由は、競技カルタをやりたいかららしい
映画「ちはやふる」がきっかけらしいけど、
これなら、自分に合っているんじゃないかと思ったらしい・・

chihaya

少し前になるが、
「お父さんの特技は何?」と聞いて来た。

自分には特技と言えるものが無い、
特技と言えるものが欲しいと・・

で、それを百人一首かるたに求めたらしい。

毎日2〜3札ずつ覚えている・・
覚えるの楽しい?と聞いたところ、
「とっても楽しい」そうだ・・

ならいい・・


チョコッとクリックお願い!!

トイレには神様がいる?

トイレ掃除が大好きという人は、
そんなに多くないと思います。
多くの人は、やりたくないと思っているのでは?
人がやりたくないことを率先してやるということが、
奉仕の精神にもつながり、
やがては運気も動くということです。

toirenokamisama3

トイレの神様の絵本はこちら

トイレには神様がいる!!
トイレを掃除すると可愛い子どもが生まれる!!
トイレにはウン(運)が付いている・・・

なんてこと、よく言われることですが、
トイレには何かのパワーがあるのか?
運命学的な見方では、
そこには奉仕と感謝の気持ちを持て! 
という教えがあるのです。

日常的にトイレ掃除をされている方は、
いつも通り、お願いします。
そうではない方は、自宅でも、仕事場でも結構ですから、
トイレ掃除をしてみてください。
感謝の気持ちを持ってね。


チョコッとクリックお願い!!

桃の節句

三月三日、桃の節句
お雛様は一種の魔除・おまじないです。

3.3_2

昔からお雛様って、人間の身代わりになってくれるモノです。
病や災い等から子どもを救うという役目があり、
願いが込められている。
人形の金額や祭壇の高さは関係がないのです。

古来から「人形(ひとがた)」と言って
「陰陽師」などで出て来る“式神(しきがみ)”の一種です。

大昔はその土地に都市を築く時、おまじないで
四方に人間を神の生け贄として埋めていたそうです。
それがだんだん人形や木片になっていきました。
雛人形はそういう名残も含んでいます。

「今日のメッセージ」より


人気ブログランキングへ

男女で喜び方は違う

child_p

男性と女性の喜び方の本質は違う。

男の子は夢さえあれば、

モノが無いとか貧しいということで傷つかないので、

物を買い与える必要はない。

でも、女の子はモノが無いというのはかなり傷つく。

女の子にはある程度の物質主義で育てて行く方が良い。


チョコッとクリックお願い!!