カテゴリー別アーカイブ: つぶやき

親族に変なオジさんは居る?

親族の中に、一人ぐらいは
変わり者といわれるオジさんオバさんがいたと思います。
世間とはだいぶズレているという人、

でも、大抵の人は、
そういう人を通して、世の中を見るのです。
子どもは特にそうです。

なぜその人が変わり者扱いされるのか?
本当にその人の言動は変わっているのか?
変わっているということは悪いことなのか?
自分は同調出来るのか? 出来ないのか?

その線引きを知らず知らず学んでいるのです。

親族だけじゃなくて、近所にも変わったオジさんはいます。
ひょっとすると自分の父母が変わっているかもしれない。

それが世の中というものだと気づくのは、
大人になってからです。

hen

私にも居ましたね、
東京から私の住んでいる茨城まで自転車で遊びに来ていたオジさん。
60歳を過ぎているのに、夜中走り続けて、朝いきなりやって来る。

私の祖母の弟でしたが、祖母からいつも文句言われてた。
でも、考えたらスゴいことです。
真似出来ない。
私の子どもの頃は、そんな人、ゴロゴロいたような気がする

そういう私も、今ではだいぶ変なオジさんかもしれない(笑)


チョコッとクリックお願い!!

親の理想を子どもに押しつけてはいけません

親の理想を子ども(自分以外の人間)に無理強いしてはいけません。
どんなに仲の良い家族であっても、
自分の理想は家族にはわかりにくい。
しかし幸せを求めるなら、
子どもの夢や理想を理解してあげる、または受け入れて挙げることです。

・:*:・`☆、。・:*:・`★

昔からお見合いでは
「ご趣味は何ですか?」という会話の入り方をしますが、
これはかなり重要なポイントなんです。

親と子でも趣味が共通する、あるいは理解出来ると、
関係が上手くいきやすいのです。

夢も同じです。
子どもの夢を理解出来る、応援出来ればいいですが、
親の考えや理想を子どもに押しつけてはダメです。
そこにズレがあると、親子関係も上手く行かなくなったり、苦しくなってくる。

価値観の相違といってもいいです。
親子といえでも、価値観は違うわけですから。
たとえ価値観が合わなくてもいいんです、相手の考えを受け入れてあげれば。

子どもの考えを理解して尊重する、それが一番大切なところ。


チョコッとクリックお願い!!

あの日を忘れないこと

以前、娘が読書感想文を書いた
「つなみてんでんこ はしれ、上へ!」という絵本。

tsunami

2011年3月11日
東日本大震災で大津波をみんなで生きのびた
釜石の子どもたちのドキュメントの絵本です。

私たちに出来ることは、こういうものを通して、
いつまでも記憶に残していくこと。
あの日を忘れないこと。

また今年も、
あの日の24時間の記憶(過去ブログ)を読み返すことにします。

●大きくなったまる子への手紙

●地震が起こったその時、お父さんは・・

●まる子を迎えに保育園へ

●停電と断水と、そして余震

●大地震の日の夜

●電気の大切さを考える


チョコッとクリックお願い!!

語り継がなければいけないこと

関東大震災や第二次世界大戦の大空襲、

阪神淡路大震災に東日本大震災、

どれも悲惨な出来事ですが、事実です。

3/10は第二次大戦の東京大空襲、

そして3/11が東日本大震災、

誰かが語り継がなければいけないことだと思います。

あなたは誰に何を語り継ぎますか?

nikkei_itako


チョコッとクリックお願い!!

生活確認の見回り

コロナウィルス対策の為、ウチの市内の学校も、月曜から休校になっています。
ウチのまる子も、現在中学一年生、
修了式も無く、いきなり休みになって、うれしがったり、困ったり・・
特に卒業する先輩たちに会えなくなるのが、寂しいようです。

そうこうしていると、学校の先生が尋ねて来た。
生活確認の為の家庭訪問を生徒一軒ずつ廻っているのだそうです。
ご苦労様です。

ただ、ウチは、親が不在のときは、インターフォンにも出なくて良いと言ってあるので、
子ども1人だったら、先生が尋ねて来ても気付かなかったでしょう。
このエリアは、子どもはみんな休みだということは周知されているし、
何かあっても困るので・・
尋ねる方も、昔見たいに玄関ガラガラって開けて
「こんちは〜っ」ってこと出来ないしね。

たまたま、私が仕事で自宅にいた時間だからいいけど、
今時は、家族が誰もいなくて1人留守番の子どもも多いんじゃないかな、

何れにしても、学校の先生方も大変だということです。
頑張っていただきたいし、
コロナウィルスの収束を願ってやまないです。


チョコッとクリックお願い!!

チョコを渡す慣習、必要?

2月14日は言わずと知れたバレンタインデー

友達同士で渡し合った娘も、今はやらないそうです。
「それで何かいいことある? 全員に渡すわけじゃないから、
もらえなかった友達は可哀想でしょ」

なるほど、当然です。
こっそりやれば良いと思うのだが、
みんな堂々と配り歩くのだそうです。
慎ましさも無いわけで・・

valentinei05-003

このチョコを渡す慣習、必要ですかね??
正直面倒くさい(笑)

何が? 
もちろん義理チョコのお返しがです。
返さなくてもいいじゃない? という人もいるでしょうが、
そういうわけにもねぇ・・・

20代は、さすがに嬉しかったですし、
数を競っていたという”間抜け”な時代もありましたが、
最近は、もらう機会も、ほとんど無くなりましたから、いいんですけど。

これって、コミュニケーションの一環で行っている人も多いと思いますが、
真剣に愛を告白したり、愛情を込めて渡す場合以外は、
義理チョコは止めにしませんか?

いや、でも年代によっては、とっても大切な行事なのかもしれない・・・
クリスマスに、クリスマスケーキ食べるのを止めようとか、
お正月に、おせち料理は止めようとか言ってるのと同じかも・・・・

バレンタインデーの義理チョコも、
すでに日本の文化になっている??

そうなってくると、気を動かす材料のひとつになってきますから、
個人的な好みで、止めろとは言えません。


人気ブログランキングへ

謹賀新年

2020年も始まりました。
今年もよろしくお願いいたします。

1月もすでに6日が過ぎてしまいました。
娘はまだ冬休み中ですが、部活動は始まったので、
今朝も早くから学校へ出かけて行きました。
今年も慌ただしい日々が続くのだろうなと…

 


人気ブログランキングへ

子どもの心を磨く夏休みの過ごし方2

旅について・・

家族や仲間と自然のあるところへ出かけることです。
その時に大切なのは、旅での役割と旅の目的を決めること。
旅先では、なるべくその土地の文化や歴史に触れて、
出会う人との接点を持つことです。

summervacation2

長期休みだから出来る心の育て方というものがあるのです。
例えば前述の旅の仕方、
これは、知的才能を活発化するとともに、
社交性や行動力の現実的才能を鍛えることになります。

特に計画を立てたり目的を明確にしたりすることは、
改革力や創造力を磨くと同時に実行力を養えますし、
旅の楽しみ方が増えるのです。

旅は、ひとりひとり、その人自身が主人公なのです。
自分から楽しもうと言う意識が必要です。


チョコッとクリックお願い!!